TOP > スクールメイツ vol.2 〜恋と仕事に効く!色のテクニック〜「仕事先の女性を味方につけたい!」
【スクールメイツ】 いまを勝ち抜く女子力を身につけるため、しっかり学んで、大人の女っぷりを磨きましょう。

SCHOOL MATES

石井亜由美監修 カラーセラピー講座 恋と仕事に効く!色のテクニック 「仕事先の女性を味方につけたい!」


カラーセラピー 女性は色に敏感

女性が多い職場で、人間関係によるストレスを抱えている人は多いと思います。
今回は「仕事先の女性を味方につける」色のテクニックをご紹介します。
男性には気に入られやすいが、女性には好かれない傾向があるという話をよく聞きます。
そういう人たちの共通項は、まず女性をアピールするような色や形のファッションが多いということがあげられます。
例えば、淡いピンクやラベンダー系のメイク、ネイル、ファッション、持ち物など、どこかに必ず入っています。
女性は、細かく人を見る方なので、ネイルの色一つでも敏感にキャッチします。ですから、ファッションが黒や紺のようなダークカラーを着ていても、ネイルやメイクにピンクやラベンダーを使用していたら、女性の目に留まりやすくなり、嫉妬の対象にもなりかねません。
女性からの好感度を上げていくためには、男性的なイメージのカラーを身につけることが一番です!

カラーセラピー 女性から嫌われず媚びない色って?

ズバリその色とは、水色と紺色。青系統の色は、女性から嫌われず、媚びないイメージを伝えるお助けカラー。 水色は、さわやかで優しく誠実なイメージを持ち、周囲の女性の人たちに、自然と癒しを与えることができます。紺は、社会的な信用度を高めて、仕事ができて、信頼と安心を伝えてくれます。
ですから、紺色のスーツと水色のシャツは、必須アイテム。ネイルなども、できれば淡いベージュなどが、知的で上品さを演出するので、ピンクを使用するよりオススメ。
最近は、スーツといえば、黒やグレーが多いですが、やはり厳しい社会を生き抜いていくには、一瞬にして人を安心させてしまう力を持つ紺色は購入しておいた方がいいでしょう。メイクにも、賢さと清楚さも与える水色のアイシャドーと、甘くない落ち着いたピンクの口紅なら、女性の敵は作りにくいはず。
また、青系統が苦手な人は、秋色である抹茶のような緑である、オリーブグリーンもオススメ。オリーブグリーンは、オリーブの硬い実のように、しっかりとした大人の女性を演出してくれます。仕事ができるイメージがあまり持たれていない人は、青系統やオリーブグリーンのファッションを身につける習慣を持つと、周囲の女性からの評価が高くなってくるでしょう。
青系統やオリーブグリーンのファッションや身の回りの物で、女性の味方を増やして、毎日の仕事生活を快適に過ごしてくださいね!


バックナンバー
  • 恋と仕事に効く!色のテクニック!「心から愛する人と結婚したい」
  • 恋と仕事に効く!色のテクニック!「仕事先の女性を味方につけたい!」
  • 恋と仕事に効く!色のテクニック!「第一印象を良くして、コミュニケーションをとりたい!」(仕事編)
  • 恋と仕事に効く!色のテクニック!「好きな人から、愛される女性になりたい」
  • 恋と仕事に効く!色のテクニック!「大事な契約をとりたい」
  • 恋と仕事に効く!色のテクニック!「恋愛体質になりたい」

今回のサポートカラー 紺色 社会に認められやすい色。信用を勝ち取る色で、ビジネススーツに最適!
R:45 G:32 B:98

水色 ベビーブルーと呼ばれ、やわらかく繊細な印象を相手に与えるカラー!
R:153 G:204 B:255

オリーブ 困難から立ち直りたい時に希望を見い出す色!また、しっかりとした大人の女性を演出してくれます!
R:85 G:91 B:1

監修
カラーセラピスト 石井亜由美先生

石井 亜由美先生
カラーセラピスト(色彩心理研究家)、兼、旅アドバイザー。 国立・和歌山大学観光学部非常勤講師(平成20年度10月就任予定)。 英国オーラソーマ社認定カラーセラピスト。日本国際観光学会・会員。日本アロマ環境協会認定・アロマテラピーアドバイザー。 旅と色彩をテーマに、企業や行政、学校での講演、色彩や旅に関する執筆、観光地や建物のカラーリング、商品や色彩心理テスト等のカラー監修などで活躍中 主な著書に「ココロとカラダに効く色彩セラピー」(PHP研究所)、「至福の旅セラピー」(ソフトバンククリエイティブ)、「あなたを幸せにする色がわかるカラーセラピー心理テスト」(永岡書店)「心をつかむ色のテクニック」(河出書房新社)
HP
http://heartfulcolor.lovepop.jp